BRM過去の開催‎ > ‎2012 BRM‎ > ‎

BRM512沼津400あらため興津400

●Qシート確定しました。(5/1)

●駿河健康ランド(のホテル)に前泊する方は「12日の自転車のイベントに参加。松村さんかエビオカさんにお願いします。」と言ってください。

料金が割引になります。

暫定Qシートをこの頁の末尾に添付しました。確定版は試走後の4月末頃になります。(4/14)

スタート・ゴールの場所を変更しました。新しい場所は静岡県静岡市清水区興津中町にある、駿河健康ランドです。

日にちは変わりません。
スタート時間は10:00(受付開始9:00)と変更します。

●スタートからゴールまで、荷物は預かります。間違えないように名札等を付けてください。
●ゴール後の入浴は割引料金になります。
●出走受付の場所は、当日の天候により変わります。わかるように案内表示を出します。
●コース案内に、スタート直後から西倉沢までの案内を追加しました。

概要

  • 日時:2012,5月12日(土曜日)
  • スタート/ゴール地点:静岡県沼津游泳場 興津中町にある、駿河健康ランド
  • スタート時間:9:00(集合8:10) 10:00(受付開始9:00)
  • 制限時間:27時間
  • コース:沼津興津 - 富士 - 韮崎 - 富士見峠 - 諏訪 - 塩尻峠 - 松本 - 安曇野穂高 安曇野市有明の折り返し
  • キューシート
  • 担当者からの一言: 昨年とは一部変更します同じコースを使います。沼津から西に向かい興津から富士川橋へ、富士川沿いを北上し、富士見峠・塩尻峠を経て豊科穂高有明付近にて折り返すコースです。天気が良ければ、富士山、八ヶ岳、アルプスの山々の景色が存分に楽しめます。終了後、入浴が出来ます(有料)。
  • 標高の高い富士見峠、塩尻峠では、5月とはいえ例年かなり冷えます。コンビニには貼るカイロの類は売っていない季節です。防寒には充分ご留意ください。、

申し込み方法 

  • 参加費:AJ会員1300円/非会員2500円(保険料を含む)
  • 申し込み方法: スポーツエントリーに限る。
  • 申し込み期間: ~4月28日
  • 定員: なし
  • 担当者: 本多海太郎
  • 連絡先メール: brm512-2012at aj-kanagawa.org (atは@)

参加要件

  • 参加資格: 20歳以上で自己完結できるサイクリスト
  • BRM/AJ規定を熟読し、理解していること。
    • http://www.audax-japan.org/BRM-part-regulation.html

当日必要なもの

  • 署名捺印を行った同意書を持参下さい。(この頁末尾に添付)
  • BRM規定に基づいた装備(車検、装備品の検査を出走前に行います)400km以上のルールとして、前照灯は2灯以上、ヘルメットの尾灯(点滅可)の装備を必須とします。反射材付きベストも必須です。反射タスキは反射面積が小さいので認めません。
  • キューシート(各自プリントアウトしてご持参下さい)

情報

駿河健康ランド

        健康ランドに駐車場はありますが、一般客ですぐ一杯になるので、なるべく輪行をしてください。健康ランドは興津駅から自転車で5分です。

走行コース案内

  • 沼津から西に向かい、富士川に沿って北上し、韮崎市穴山橋で国道20号と合流、諏訪、塩尻峠を越えて、松本を通り、安曇野で折り返すコースです。
  • スタート直後は新興津橋を自歩道で渡ります。そのご広い側道を「スマル亭」まで走ります。「スマル亭」および隣の「末石」の前面の駐車場で一旦自転車を降りてください。国道一号の路側帯へ出てすぐに白い柵で区切られた細い自歩道に入ります。(写真参照)
  • 「西倉沢」の押しボタン信号は、反応が出るまでにやや時間がかかります。ゆっくり待ってください。
  • スタート後、市役所前までの国道414号は自転車走行用の路肩があまり広くありませんので、慎重に走行して下さい。市役所前を左折し、西間門から県道380号で西へ向かいます。海岸沿いの松並木が楽しめます。
  • 富士川橋を越えると、富士川沿いをずっと北上します。波高島までは上流に向かって右側を、富山橋を渡って上沢からは左側を走ります。
  • 上沢から約15kmの地点に左分岐があります。これを「旧鰍沢市街」方面(R52旧道)に進んでください。直進するとバイパスに入ってしまいます。
  • 小笠原橋北詰交差点で左折してすぐにY字分岐があります。左側の県道12号に入って下さい。(右側は国道52号)県道12号をとにかく道なりに20km弱進むと韮崎市穴山橋で国道20号に出ます。
  • 穴山橋からは国道20号を富士見峠を越えて諏訪湖まで走ります。諏訪湖の西側を通るルートを通り、岡谷IC近くで国道20号に再び合流して塩尻峠を上ります。
  • 塩尻峠からの長い下りは、スピードの出しすぎに注意して下さい。
  • 塩尻峠を下って高出交差点出ますが、松本市街は慢性的に渋滞しますので、高出交差点は直進し、2km先のサラダ街道口交差点からアルプスグリーン道路を通ります。桔梗大橋西交差点からアルプスグリーン道路に入って約30㎞で折り返し地点のPC3があります。ここまで制限時間内に到着すれば完走の確率は非常に高くなります。折り返し後、再び塩尻峠を上ることになりますので、ゆっくりとした休養は、コンビニの店頭よりはファミレスなどをお薦めします。身体が温まってゆっくり休めます。
  • 帰りの塩尻峠を下りでは、岡谷IC近くの直進・右折分岐点において岡谷・諏訪方面に右折してください。両方向とも国道20号と書かれていて紛らわしいですが、直進すると長野自動車道やバイパスに行ってしまいます。
  • 帰りの塩尻峠・諏訪湖・富士見峠は、当日の天気によってはかなり冷え込みますので(3℃程度)、服装には十分配慮下さい。
  • ユーペンハウス(参加者案内参照)を利用される方については、今年もローカルルールとして、この場合は諏訪湖の東側を走ることを可とします。尚、ユーペンハウスの談話室(500円/日、仮眠可能)の利用を希望される方は、予約が必要ですので、各自でお申込み下さい。(当日、朝の申込みで大丈夫です)
  • PC5の先、帰りの「小笠原橋北詰」交差点はうっかり直進しやすいので、注意して下さい。右折して国道52号に入るのが正解です。
  • 波高島から稲子までの県道9号、10号は街路灯が少なく、夜間は真っ暗となる区間があります。ライトは十分な明るさのものを用意の上、慎重に走行して下さい。

一般的注意事項

  • 公道を走ることの出来る十分に整備された自転車を使用のこと(人力のみを動力とする自転車)。法定部品であるベル・ブレーキ・ライト・尾灯必備。尾灯は(反射鏡のみは不可。AJ規定による)常時点灯の出来るもの。必ずヘルメットと反射材のついたベストを着用のこと(反射材のついたウィンドブレーカーも可)。反射タスキは反射面積が小さく、よじれたりすると反射しないため認めません。 400km以上のルールとして、前照灯は2灯以上、ヘルメットの尾灯(点滅可)の装備を必須とします。
  • スタート前の車検において、上記前照灯(2灯以上)・ベル・尾灯・ヘルメット・ヘルメット尾灯・反射ベストのチェックを行います。不備の場合は出走出来ませんのでご注意下さい。
  • 原則として雨天決行です。雪の場合は中止することもあります。中止でも参加費は返却しません。
  • 走行中の事故、負傷・傷害等については、本部に連絡した上で各自で処理して下さい。主催者はAJの保険以上の責任は負いません。
  • PCでは水、食料などを用意していません。ただし、PCは食料が確保できるコンビニです。何か買い物をしてレシートをもらって下さい。レシートの記載時間で、通過チェックを行います。
  • 途中棄権者は直ちに本部に連絡してください。 連絡先は当日配布されるブルベカードに記載されます。
  • 棄権者は連絡後、自力でゴールに戻るか、帰宅してください。主催者は棄権者を回収しませんので注意してください。
  • ブルベ参加中のサポートカーによる伴走は、交通の妨げになる恐れがあるので禁止します。
  • 参加者のマナーが悪いと来年から開催できなくなりますので、どうかご協力下さい。
  • 完走者には後日AJ神奈川よりACP認定ステッカー付ブルベカードとメダル(希望者 有料1000円)を郵送します。

仮眠・休息ポイント例

  • 遊遍館ユースホステル(ユーペンハウス、諏訪湖) http://www.youpen.com/hostel/
  • 信州健康ランド(塩尻) http://www.kur-hotel.co.jp/shinsyu/index.html

Ĉ
Osamu Shimokuni,
2012/04/30 23:38
ĉ
Osamu Shimokuni,
2012/04/13 11:57
Comments