BRM参加について


BRM参加資格、その他

運用規則はBRM規則に準じます。BRM規則については、Audax-Japanの記載を参照して下さい。BRM参加者はBRM規則を熟読し理解をしているという前提で、各BRMは運営されます。

以下では、現在の参加条件について簡単に説明します。

  1. Audax Japanに会員登録をしなくてもブルベに参加することが出来ます。
  2. 距離に応じた認定の順次について
    • 2006年から短い距離のブルベから順次認定を取得する日本の国内ルールはなくなりました。基本的に、お好きな距離のブルベから参加できます。
    • ただし、初参加者は200kmから走っていただくよう、認定の順次取得を強く推奨します。
  3. 定員
    • BRMによっては定員があります。
      定員に達した場合はその時点で締め切りとなりますのでご注意下さい。
  4. 同意書
    • 権利放棄書の当日提出は無くなりました。その代り出走リストへの署名を以て権利放棄書への同意を行ったこととみなします。詳しくは「権利放棄について」をお読みください。

出走時の装備のきまり

AJ神奈川のBRMは神奈川県内を中心に交通繁多かつ狭隘な都市部を通過することも多く、安全上の観点から、装備についてはAJ規定(下に抜粋)に若干の独自規定を付加している。出走時の装備チェックはAJ規定およびこの独自規定に従って実施し、参加者には走行中においてもこの規定を遵守するよう求める。
AJの規定抜粋

(第2条 参加資格 のうち自転車について) 人力で動く車両(Human-Powerd Vehicle)であれば参加可能である。唯一の条件は、該当の車両が走者の力のみによって駆動されることである。 日本の公道で使用可能な車両であること(スケートボードなど遊具に分類されるものは公道では使用不可能です)。

(第6条 装備) 夜間走行のために、車両に確実に固定された前照灯と尾灯とを装備することが必要である。灯火は常に完全に機能することが必要である(予備灯火は強く推奨される)。少なくとも一つの尾灯は(点滅モードではなく)常時点灯モードでなければならない。上記の要求を満たせない走者は出走を許可されない。 灯火は夕方から明け方まで点灯しなければならない。また他の視界不良の条件下(雨天、霧等)でも同様である。走者は、グループで走ろうと単独であろうと上記の要求を満たさねばならない。いかなる走者も各自の灯火を使用しなければならない! すべての走者は反射ベスト、反射たすき、反射肩掛けベルト(Sam Browne belt)、もしくは前後の見えやすい位置に反射素材がついた同様のものを着用しなければならない。 本夜間走行規則のいかなる違反をも、走者は即座に失格となる。 ベル装着とヘルメット着用を義務付ける。400km以上では前照灯2つ、ヘルメットに尾灯(点滅可)を装着すること。

  • AJ神奈川の追加規定
  1. 自転車
    • AJ神奈川では、DHバーの装着・使用を認めない
    • 法規上においても、灯火・警音器・ブレーキ必須。特に警音器(ベル)を忘れないこと。
  2. 灯火
    • 車体の灯火は、フレームかフレームに固定された(ハンドル、ステム、キャリアや泥除け等の)パーツに固定する
    • 正しく装着されていても明るさが不足していると見られるときは、改善を求める。
    • また、200km・300kmにおいても予備の灯火を準備することを推奨する。
      *PBPでは、全ての尾灯の点滅は禁止される。
  3. 反射ベスト
    • AJ神奈川では、反射タスキなど裏返ってみえなくなるものは認めない
    • BRM 走行中は昼夜を通じて反射ベストを着用する
    • 合羽やウインドブレーカーも含めて着衣の最外部に着用する。
    • ザックを背負う場合、背後から反射材が確認される状態であることが必要である。
      *PBPでは、ヨーロッパの安全基準(EN ISO 20471)に則った反射ベストが要求される。

スポーツエントリーでの申請

  • 各BRMの申請、AJ会員登録の際に入力する姓、名を各回同一のものを入力するよう気をつけてください。異なっていると、異なった個人の認定と判断され、SRの申請や、PBPのエントリの際に支障をきたすことになります。
    • 特にローマ字の入力の際に記法を統一して下さい。表記自体はヘボン式、訓令式、その他いずれでも構いませんが、各人毎に統一した表記にして下さい。(いけない例: Otuka、Ootuka、Ohtuka、Ohtsuka... 等の表記が統一していない)
    • 入力の際には、「半角英数」で入力してください。「全角英数」は日本語のコードとなりますので、フランスでは確実には対応できません。
  • AJ神奈川はスポーツエントリを信用しており! ますので、スポーツエントリで申請した際に自動送付される確認メール以外、BRM参加者への確認のメールや葉書をお送りしません。また、参加者リストも事前に公表は致しません。

距離別ブルベの順次取得推奨について

 ブルベの難易度は、コース設定ではなく、主に体調や天候によって決定されることが多いです。したがってブルベ参加には、単に走力があれば良いということではなく、様々な条件に対処できる能力が必要となってきます。例えばSan Francisco Randonneursも以下のように述べています。[http://www.sfrandonneurs.org/home.htm]

These events are not for beginners. The courses are hilly and can be windy. There will be night time riding in the longer events. You should have completed several century or double century cycling events in the six months before starting a brevet.


 San Francisco周辺の地形は山がちで、強風が吹くということがあり、厳しい要求をしているということはあります。しかしブルベは、San Franciscoのコースに限らず、特に終夜走行など、他の自転車イベントでは殆ど見受けられない厳しい要素を持っています。上記のようにセンチュリーライドやダブルセンチュリーを何回か走り、そこで遭遇する困難に対処をする経験をつまねば、ブルベ参加で要求される自己対処能力というのは得られません。また、長距離になればなるほど疲労や睡魔への対処が大きく求められるので、短い距離のブルベから順次取得することによって、対処法を段階的に身につけることを推奨します。

ブルベカード記入例

ブルベカード記入例


ĉ
Kaitaro Honda,
2011/01/14 1:23